バイアグラの歴史

■バイアグラの歴史

バイアグラの歴史とは何なのだろうか考えてみたい。
昔はというよりどんどん子供をうむという歴史がある民族や国ではあまり関係ない話なのかもしれないね。
避妊というためだけではなくと書かれてはいるがそれはなかなか難しいというより意味がないのかもしれない
もっとピルとしての勉強をしなければいけないだろう成分妊娠中は排卵がないのは黄体ホルモンが分泌されているためということが分かり、
その作用を避妊目的に利用するために体外からプロゲストーゲンっを投与し疑似妊娠状態にし排卵を抑制するように開発されたものがピルである。
天然の女性ホルモンは作用時間も短く分解しやすいため経口投与では効果がないため、経口投与でも活性のある合成ホルモン剤が開発された。 服用中の破綻出血を防ぐ目的でエストロゲンっとの混合錠が作られたが、のちにエストロゲンにも強い排卵抑制作用があることが認められた。 

■バイアグラなら通販がおすすめ

バイアグラの歴史には色々ある。その後低用量化のため、より活性の高い合成ホルモン剤に置き換わり、
最近の製剤である低用量ピルの一つマーベロンには合成エストロゲンとプロゲストーゲンの含有量の比率を自然の月経周期にあわせるように
月の途中で変化させる二相性や三相性の製剤があるが、わずかな服用ミスでも妊娠しやすいこともあって比率の固定された一相性のものが主流である。
またプロゲストーゲンのみの製剤であるミニピルというものもあるが破綻出血などの副作用のためほとんど使用されていない。
排卵率と妊娠率ピルを正確に服用している場合でも排卵率は少なくとも5%あると言われるが服用時間がずれたり飲み忘れたり、
抗生剤を内服した場合はさらに上昇する。ピル服用者の妊娠率は現在日本では0.1%と言われているが、実際には全くあり得ない数字である。
実際的で信用できる数字は30年以上の豊富な経験のある米国のデータである。
現在米国で販売されている全てのピルの箱の中に挿入されている注意書きにはピルを服用していても妊娠する率は3%と記載されている。
これは近日中に5%に書き改められるとの情報も入っている。



スペシャルサンクス