もう いくつ寝るとひな祭り~☆

来月は雛祭りですね。子どもの頃から雛祭りって大好きでした。小さいころは、雛人形飾りを母と姉とやったものです。よく覚えています。雛人形
そもそもの話ですが、皆さん雛人形のことってご存知ですか?実は意外と知っている方って少ないんですよね。雛人形とか五月人形の歴史っていうのが実はあるんですよね。そういうのを知るのも楽しいかもしれません。雛人形 岩槻
よく聞く迷信と言えばこれですよね。五月人形 選び方雛人形を早くしまわなかったら婚期が遅くなるという迷信です。いま考えると笑えますよね。子どもの頃はちゃーんと信じていた話です。母に早くしまおうよ!なんて言って大騒ぎしていた気がします。岩槻 雛人形

迷信は迷信、皆さんわかっていることですが、やっぱりそんな話があると早く雛人形を片付けなきゃと思いますよね。むしろそれが風習ですよね。特にしまうべき吉日がないので、逆にダラダラとしまうのでは節句の意味がない感じがしますので、早く片付けるべきではありますよね。雛人形 岩槻
だから、日本のお父様!かわいい愛娘がお嫁に行ってしまうのが寂しいからと言って、雛人形をダラダラと飾っていてはダメですよ!(笑)
ではでは、本題に参ります。雛人形の由来のお話をしましょう。岩槻 五月人形 人気まずは雛人形の源です。「上巳の節句」という水辺で体を清めて穢れを祓うという中国の習慣が、いつからか3月3日に行われるようになったことがはじまりのようです。岩槻 雛人形

案外知らないでしょう?毎年毎年お祝いしている恒例のものも、実は・・・って話がよくあるものですね。 宮中の結婚式をイメージしてお雛飾りができたことは皆さんご存知かもしれませんね。お内裏様が天皇(旦那様)、お雛様が皇后(奥様)ですね。 メーカーによっては飾られる人形が異なる場合があるそうですが、下の段には侍従や女官を飾っていますね。共に飾る小道具は嫁入り道具を意味しているそうです。岩槻 雛人形

岩槻 五月人形 口コミ それはそうと、有名な生産地と言えば埼玉県さいたま市岩槻区ですよね。雛人形 岩槻
「岩槻」というキーワードでポッと浮かびます。小規模ながら栃木県佐野市や埼玉県鴻巣市でも生産されているそうです。 私にも将来娘ができたら、必ずさいたまの岩槻へ出向き、娘に合った雛人形と出会いたいと思っています。雛人形は嫁入り道具としても言えるものです。 代々と継承される家庭も多いようですから。岩槻 五月人形私個人、姉に娘ができましたので、私の家の雛飾りは姪っ子に渡りましたから、私の雛人形は自分で選ぶことになります。雛人形 岩槻
幼い頃なんて当然、こんな雛人形の由来や歴史なんて知る由もなかったですが、ただただお雛様は好きなイベントでしたね。見てるのも飾るのも楽しかったです。一つふと思いましたが、雛人形って、みんな粗末に扱わないですよね。他のお人形と同じ扱いをしませんよね。神々しい何かを感じてたのかな。子どもなのに。雛人形 岩槻


母と一緒に飾り付け

来月になると雛祭りですね。五月人形 岩槻私、雛祭りが大好きなんです。小さい頃から雛人形が好きで、飾るのが楽しみでした。必ず母と姉と一緒に飾り付けをしていました。岩槻 雛人形
元来、ひな人形やひな祭りの歴史を知っていますか?知らない方が圧倒的に多いと思いますが、雛祭りのこと、端午の節句のこと、知ってみると案外楽しいかもしれません。雛人形 岩槻
代表的な迷信と言えばこれでしょう、雛人形を早く片付けないと結婚が遅れてしまうという話。こんなの誰が信じる・・・、全国的に信じている人が多いでしょうきっと。子どもながらに信じて結構ビビってましたけども。
迷信とはわかっている話ですが、やっぱりしたがってしまうもので急いで片付けている方が多いと思います。五月人形 選び方この日に仕舞わないとダメという日がないですが、飾ったままダラダラとするなら節句の意味がないので、それを考えると早くしまうべきかもしれませんね。 なので、娘が可愛い気持ちは分かりますが、お父様!お嫁に早く行ってほしくないという気持ちは分かりますが、雛人形を飾ったままにしておくのはよくありませんよ!(笑)
そして本題に入りましょう。雛人形の由来のお話ですね。まずは雛人形のはじまりです。岩槻 五月人形 人気中国の文化って言いましょうか、上巳の節句という体を清めて穢れを祓う習慣が日本へ伝わり、いつからか3月3日に行う習わしになったことが源のようですね。岩槻 雛人形

ホラ!案外知らないでしょう?毎年全国的にお祝いしている恒例の行事なのに実は・・・という話の一つですね。五月人形 岩槻 雛飾りのイメージは宮中の結婚式というのは有名な話でしょうか。天皇がお内裏様(旦那様)、皇后がお雛様(奥様)という意味ですね。 意外にもメーカーによって飾られる人形が違ったりするらしいですが、下の段に飾られる人形は宮中に仕える女官たちをイメージしたものです。雛人形選び方

ところで、雛人形の生産と言えばやはり埼玉県さいたま市岩槻区。「岩槻」という地名がポッと浮かびます。そのほか小規模にも栃木県佐野市や埼玉県鴻巣市が生産地と挙げられるようです。雛人形 岩槻 口コミ
私にももし娘ができたら埼玉の岩槻へ行って、雛人形を探したいと考えています。雛人形は嫁入り道具としても言えるものですよね。 代々と継承される家庭も多いのが雛人形です。私の場合は姉に娘ができまして、姪っ子に雛人形が渡りました。私の娘の雛飾りは吟味して選びたいです。雛人形選び
小さな頃には当然ながら、こんなことは知りませんでしたけど、お雛様は大好きでしたね。雛人形を飾るのも、見るのも楽しかったことを覚えています。なぜかとても不思議ですが、雛人形を「お人形」として遊ぶ子って少ないですよね。子ども心に、何か神々しいものを雛人形から感じ取っているのでしょうか?


岩槻 五月人形来月は雛祭りですね!私、雛人形が大好きなんです。子どもの頃は雛祭りが楽しみで仕方がなかったです。母と姉と一緒に飾り付けをしたものです。岩槻 雛人形 口コミ
そもそも、皆様は雛人形や雛祭りの由来を知っていますか?雛人形や雛祭り、あとは五月人形や端午の節句、古い歴史があるので、知ると意外にも面白いかもしれません。雛人形 岩槻 口コミ
最も一般的?な迷信と言えば、これしかないですよね。飾った雛人形を早く片付けないと、婚期が遅れてしまうという話。小さな頃、友だちと「雛飾りしまてない!」「結婚できないよ!」なんてやり取りをやった気がします。ウケますね。 誰でもこれは迷信だとわかっている話ですが、それでも雛人形は早く片付けようとするものですよね。この日に片付けないとダメと決まっている日はないそうですが、飾ったまんまダラダラしていたら節句の意味ないですからね。どのみち早くしまうべきですね。岩槻 雛人形 口コミ
だから、世のお父様、可愛い可愛い娘が早くお嫁に行くのがさびしいからと言って、雛人形を仕舞わないなんてことが無いように!(笑)
さて、雛人形の本題に入りましょう。雛人形の由来のお話です。まずは雛人形の発起です。上巳(じょうし)の節句という中国の文化が日本へ渡来したことがはじまりのようです。3月3日にその上巳の節句が行われる習慣になったみたいです。その節句は、体を清める儀式みたいな感じだったようです。雛人形 岩槻
ほら、案外知らないでしょう?毎年毎年お祝いしている恒例のものも、実は・・・って話がよくあるものですね。 宮中の結婚式をイメージして雛飾りが造られたことは有名ですよね。天皇がお内裏様、皇后がお雛様ですね。つまり旦那さんとお嫁さんです。 下の段には、宮中に仕える女官や侍従が飾られますね。同じく飾られる小道具は嫁入り道具をイメージしたものだそうですよ。岩槻 雛人形
話はかわって、やはり雛人形と聞くと埼玉県さいたま市岩槻区が頭に浮かびますよね。そのほかにも、小規模ながら栃木県佐野市や埼玉県鴻巣市でも生産されているそうです。雛人形 岩槻
私にも将来娘ができたら、必ずさいたまの岩槻へ出向き、娘に合った雛人形と出会いたいと思っています。雛人形は嫁入り道具としても言えるものです。岩槻 雛人形
娘へと継承される家庭も多いようです。私は姉がいて、その姉に娘ができたのでその姪っ子に雛飾りが渡りました。私に娘ができたら吟味して選びたいと思っています。雛人形 岩槻
小さい頃には雛人形の歴史なんて知るわけもなかったですが、お雛様は大好きでした。雛人形を飾るのことはビッグイベントでした。雛人形はお粗末に扱わないというのは日本の文化でしょうか、小さい子供でも大事にしていた記憶があります。何か神聖なものを感じていたのかな。


もうすぐ雛祭りですね。私、雛祭りって大好きです。小さな頃から雛人形を飾るのが凄く好きで、母と姉と一緒に飾り付けをやったものです。岩槻 雛人形
そもそも、皆さん雛人形や雛祭りのことって詳しく知っていますか?案外、知っている方って少ないようです。雛人形や、他にも五月人形の歴史って古くからあるんです。知ると結構面白いかもですよ。ひな人形
代表的な迷信と言えばこれでしょう、雛人形を早く片付けないと結婚が遅れてしまうという話。こんなの誰が信じる・・・、全国的に信じている人が多いでしょうきっと。子どもながらに信じて結構ビビってましたけども。 どなたでもこれは迷信と知っていることですけど、やっぱり雛人形は早く片付けなきゃと思っている方が多いと思います。特別、この日にしまおうという日はありませんが、テキトーに飾ってあるくらいならチャチャっと早く片付けたほうがいいですよね。
なので、かわいい娘さんがお嫁に早く行ってほしくないという寂しいお気持ちは察しますが、お父様!雛人形を飾りっ放しにしたままにしておくことのないように!(笑)
では、本題に入りたいと思います。雛人形の由来のお話です。まずは雛人形の源です。上巳の節句(じょうしのせっく)という中国渡来の、体を清めて穢れを祓う習慣が日本に来て、いつからか3月3日に行われる習慣となったことのようです。
毎年毎年お祝いしている恒例のものも、実は案外知らない!という感じですよね。由来なんて知る術もなかったと思います。
お内裏様は天皇つまりは旦那さんで、お雛様は皇后つまりはお嫁さんという、宮中の結婚式をイメージして雛飾りが作られたことは有名なお話かもしれません。 メーカーによって異なる点は意外ですが、下の段には宮中に仕える侍従や女官を飾ります。小道具は嫁入り道具をイメージしたものだそうです。雛人形 岩槻
ところで、雛人形の生産と言えばやはり埼玉県さいたま市岩槻区。「岩槻」という地名がポッと浮かびます。そのほか小規模にも栃木県佐野市や埼玉県鴻巣市が生産地と挙げられるようです。
将来、私にもし娘ができたら必ず岩槻へ行こうと思っています。素晴らしい雛人形と出会いたいです。雛人形は嫁入り道具とも言えるものですからね。 代々と受けついでいる家庭も多いようです。私の場合は姉がいて、姪っ子ができましたの私の雛人形がないので吟味して選びたいです。
小さいながらに雛人形だけは大事に扱っていた気がします。小さな頃には当然ながら雛人形の由来や歴史なんて知る由もなかったですが、雛人形はお粗末に扱わないというのは日本の文化でしょうか。小さいながらに神聖なものを感じていたのかもしれませんね。岩槻 雛人形



小木人形
住所:〒339-0072 埼玉県さいたま市岩槻区古ヶ場2丁目1-3岩槻工業団地内
電話:048-794-2964

スペシャルサンクス